天然セラミドとは

肌は本来自分で潤いを保持する機能があります。それは角質を繋ぎ合わせている細胞間脂質が大きな役割を果たしています。この細胞間脂質の主成分がセラミドです。加齢やスキンケア不足などによってセラミドが減ってしまうと、肌が乾燥してしまい、さまざまな肌トラブルの原因となってしまうのです。
セラミドを使った化粧品はさまざまなものが販売されていますが、セラミドにもさまざまな種類があります。
そのなかのひとつが天然セラミドです。
天然セラミドは、馬などの動物の脳や脊髄などから抽出したセラミドです。動物由来のため、人の角質層の細胞間脂質と近く保湿力に優れているとされています。とくに敏感肌やアトピー性皮膚炎の肌が弱い人の保湿に向いており、壊れた肌のバリア機能を改善したり、肌荒れを改善するのに適しています。
天然セラミドが配合されている化粧品を選ぶ場合、セラミドの配合量とテクスチャーに気をつける必要があります。基本的に原料としては高価なため、配合量が多いほど高価になり少ないと価格が安いということがあるため注意が必要となるのです。
セラミドは効果的な成分ですが、化粧品を使うときには必ずパッチテストを行なってから使うことが大切です。