セラミドにもいろいろな種類がある

肌の角質層の細胞間脂質の主成分であるセラミドは、保湿効果があるとして化粧品にも使われている成分です。
しかし、セラミドにもいろいろな種類があり、化粧品を選ぶときに迷ってしまうことも多いと思われます。
化粧品に配合されている物としては、天然、ヒト型、植物性、合成の四種類に分類されます。
天然のものは、馬などの動物の脳や脊髄から抽出したものになります。動物由来の成分のため人間の細胞間脂質に近く、保湿力が優れているという特徴を持ちます。
ヒト型は酵母を利用して生成したものになります。人の皮膚に含まれているものとほぼ同等の化学構造で作られており、保湿力や浸透性に優れ肌に優しいというのが特徴です。
植物性は米ぬか油、小麦胚芽油などから抽出したもので、安価で大量生産することができ、アレルゲンになりにくいという点で注目されています。
合成は、石油原料から化学合成されたものです。安価で大量生産することができ多くの化粧品に使われていますが、効果は薄いというデメリットがあります。
セラミドを使った化粧品を選ぶ場合、単体で配合されているものよりも、ビタミンCやヒアルロン酸など肌に良い成分が一緒に配合されているものを選ぶことをおすすめします。