植物性セラミドとは

セラミドは肌の水分を保持する機能を担っています。細胞間脂質の主な主成分で、水分を間に挟み込んで逃がさないようにする働きがあります。しかし、加齢などによって減っていく成分で、化粧品などによって補給していくことによって、肌の乾燥を防いで、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルを防いでいくことができるようになります。
植物性セラミドは米やトウモロコシ、大豆やコンニャクなどの植物由来のセラミドです。植物由来であるため、肌に優しいという特徴があります。
酵母から生成するヒト型セラミドなどよりは、保湿力が劣るとされていますが、最近ではコンニャクから作られる植物性セラミドは安価で大量生産できることや、米や大豆などとは違いアレルゲンになりにくいということから注目されています。
セラミドにはさまざまな種類があり、特徴も異なっています。セラミドが配合された化粧品を選ぶ場合には、配合量をきちんとチェックすることが必要です。セラミドそのものは比較的高価な原料のため、極端に低い商品はセラミドが少量しか入っていないことも考えられるためきちんと配合量を明記している、セラミド以外の保湿成分も配合されている化粧品を選ぶことおすすめします。