類似セラミドとは

セラミドは皮膚の細胞内に多く含まれる物質で、強力な保水力という特徴を有しています。加齢やストレスによってその含有量は減少傾向を見せ、伴って肌の若々しさ・瑞々しさを失って行く要因となります。裏を返せば、何らかの方法で供給が行われれば若さを保つ事にも繋がる訳です。
ところで、皮膚の保水力を支えているものはセラミドのみではありません。科学的組成はセラミドに近しいそうした物質を一括りにして、ペパリン類似物質または類似セラミドと呼んでいます。類似セラミドには幾つかの物質がありますが、各物質によって植物由来・動物由来で比較的入手・精製がし易いという特徴があります。またその由来によって質感が異なる為に、多彩な形状に加工する事が可能です。
そこで類似セラミドを化粧品等に配合し、保水力を強化した製品が増えています。それ自体が保水力を持つのは勿論の事、中には体内でのセラミド合成を促す物質が存在する上に、価格的には安価なものとし易いという利点があります。
更に一部の類似セラミドについては、医薬品として取り扱われているものもあります。このタイプの入手には医療機関の処方が必要となりますがその効果・安全性は高い傾向にあり、保険診療の適用も為されています。