セラミドが人気の理由

保湿成分として人気のセラミド。その理由を探っていきます。
保湿というと肌に水分を補給するイメージを持たれている方が多いかもしれません。確かに肌に水を付けるとその時は潤ったように感じますが、それはほんの一瞬だけです。肌につけた水分はすぐに蒸発してしまいますし、その際に肌内部の水分まで持って行ってしまうのです。それを防ぐのにあるのが乳液なのです。これで肌にふたをして水分を閉じ込めるわけです。
セラミドは角質内の保湿成分です。肌を外部刺激から守る最初の砦が角質層です。その細胞間脂質の40から60%を占める成分なのです。つまりこのセラミドが第二の砦というわけなのです。
保湿成分として人気の理由が肌に浸透しやすいからです。保湿成分として有名なものとしてコラーゲンやヒアルロン酸がありますが、これらは分子が大きいので肌に乗せてもそのほとんどが浸透しません。それに対してセラミドは分子が小さいので肌によく浸透するのです。
こういったことから配合の化粧品や美容液が大変人気なのです。ただ、いくつか種類があって、人工的に作られたものは人によっては肌に合わないことがあるので、使用の際はどの種類かをよく確認することです。