ヒフミドとその他のセラミド化粧品を使って比較してみた

私も乾燥肌で何もしなかったらカサカサになって白い粉のようなものでてきてしまいます。
そういった乾燥肌でさらに敏感肌ということもあります。
そこでいろいろ見てみるとセラミドが良いというところにいきつきました。
セラミド配合化粧品というところで見つけたのがこのヒフミドでした。

ヒフミドとは

ヒフミドとは小林製薬が販売する化粧品です。
小林製薬は様々な医療品などを販売していますし使ったことがある方も多いのではないでしょうか。
ヒフミドは小林製薬の商品ということもありますが、人気になっており販売実績もあります。

ヒフミドの特徴

ヒフミドといえばやはりセラミド配合というところです。
セラミドといっても様々な種類があるのですが、ヒト型セラミドを利用しています。

ヒト型セラミドとは

ではヒト型セラミドとはどういったものなのかというところです。
私たちの肌に存在しているセラミドと全く同じ形で他のセラミドより保水力が約3倍もあるということなんです。

 

ただ、このヒト型セラミドは保水力はあるものの浸透力がちょっと…というところも言われています。
とはいえ人気のセラミド配合化粧品をみていくとヒト型セラミドを使用しているものも多いです。

 

ちなみに他のセラミドでは天然セラミド、擬似セラミドなどがあります。
天然セラミドは浸透力があると言われています。

 

さらにセラミドにもタイプがあり、セラミド1、セラミド2などです。
これらでもそれぞれ役割があり特徴が違います。
セラミド1はバリア機能、セラミド2は保湿、3も保湿ということなんです。

 

ヒフミドの商品もいろいろありますが商品によって配合されているセラミドのタイプが違います。
トライアルセットはメイク落とし、洗顔ソープ、保湿化粧水、保湿クリーム、日焼け止め・化粧下地のセットなのですが、たとえばメイク落としにはセラミド2が、保湿化粧水にはセラミド1とセラミド3が配合されています。

乾燥肌、敏感肌ケアにセラミド

ヒフミドはセラミド配合というところがポイントです。
このセラミドが乾燥肌や敏感肌の方におすすめということなんです。
それはなぜかというと肌の水分保持に関係しているのが角質層にある細胞間脂質です。
この細胞間脂質を構成している一つの成分がセラミドなわけです。
しかもセラミドは大きな割合を占めているということなんです。
ただ、水分保持が良くてもバリア機能が低下していると水分が逃げていってしまいます。
このバリア機能が低下していると菌やホコリなどの外部刺激を受けやすく敏感肌になってしまうというわけなんです。
ですからこのバリア機能の高めることで敏感肌を防ぎ水分を逃げてしまうのを防ぎ乾燥肌ケアになるということなんです。
このバリア機能をしっかり働かせるのにもこのセラミドが必要ということなんです。
ですからセラミドは保水力がありバリア機能を働かせ、乾燥肌や敏感肌ケアに重要な役割を果たしているということなんです。

ヒフミドレビュー

ではヒフミドはどういった商品かをみていきたいと思います。
トライアルセットがあるのでまずはそれから利用してみると良いと思います。
私もトライアルセットを試してみたので商品を紹介したいと思います。

 

まずは箱をあけるとこんな感じです。
レース柄スパバッグと商品が入っています。

そして、袋を開けてみるとこんな感じで商品が並んでいます。

では実際使ってみるとどんな感じなのかというところです。
エッセンスローションはとてもサラサラしていてベタつきがないのが良いです。
浸透しているかなという感じもありいい感じです。
エッセンスクリームもまたサラサラしていて伸びもよくベトつきがありません。
つけ心地も良いですし私は良いと思いました。
クレンジング商品やUVケア商品も付いているので興味のある方は試してみてくだ浅い。

ヒフミドトライアルセット概要

価格
初回限定980円(税込)
容量
◇クレンジングミルク(メイク落とし) <10mL>
◇ソープ(洗顔ソープ) <16g>
◇エッセンスローション(保湿化粧水) <20mL>
◇エッセンスクリーム(保湿クリーム) <4g>
◇UVプロテクトベース(日焼け止め・化粧下地) <5g>
◇レース柄スパバッグ

 

もっといろいろなセラミド配合化粧品を見たいという方はこちら⇒セラミド化粧品をいろいろ使ってみた口コ

更新履歴